損害保険会社の提供する保険

損害保険会社は、損害保険を販売している会社で、「損保」と略される事もあります。
日常生活でお世話になる事もありますし、そうではないものもあります。

損害保険会社の中には「海上」という名前がついているものがいくつかあります。
なぜ海なのかというと、船舶に関して保険がかけられることが多かったからだといえるでしょう。
最近では、船舶の航行も安全になってきていますが、そうではない時代は長く続いたのです。
やはり航海をするということは危険が伴いますから、保険が必要とされたのです。
そのために、海上保険と呼ばれる保険が発達したと考えられています。
海上保険は「マリン保険」と呼ばれる事もあります。

海上保険以外の保険を「ノンマリン保険」と呼ぶ事があります。
損害保険というのは、偶発的な理由によって損害が生じたときに、損害保険会社から保険金を受け取ることができるというものです。
身近な例としては火災保険や自動車保険があります。
火災保険は、住宅を購入するときには多くの人が加入します。
住宅ローンを組むための条件になっている事が多いからです。
また、自動車保険は法律で加入が定められていますから、誰もが加入しなければならないといえるでしょう。
将来役に立つお金に関わる資格FPを取得しましょう
他とは一味違う新橋 理容室
あなただけに教える新橋 理容室
新橋 理容室で悩む前にアクセス
twitter
Google